スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
池澤さんスケッチ展 日本の原風景50を一堂に
市立博物館、池澤さんスケッチ展22日まで~日本の原風景50を一堂に

 紋別市出身の都市開発プランナー・池澤寛さん(神奈川県川崎市在住)によるスケッチ日本原風景50景」が17日から22日まで紋別市立博物館で開催されている。北海道から沖縄まで全国50の街並みや自然の風景が、正確さと味わいが調和したタッチで描かれている。広く市民の来場を呼びかけている。
 都市開発プランナーとして世界各地の町を調査し、町並みをスケッチしてきた池澤さん。スケッチの数は海外・国内それぞれ1000点にも及んでいる。
 今回はその中からノスタルジーに溢れる日本原風景を描いた水彩画50点を集めた。
 紋別市の紋別公園の早春の景色、江戸への木材の運送で栄えた栃木県の材木問屋、今も江戸の街並みを残す埼玉県川越市のシンボル・時の鐘、東京・神田明神夏祭り、山陰地方の田園風景、沖縄県の首里城など、どれも日本原風景として、見るものに温かさと懐かしさを感じさせる。

市立博物館、池澤さんスケッチ展22日まで~日本の原風景50を一堂により
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。