スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銃はフィリピン密造品、渡航し調達か…川越立てこもり
銃はフィリピン密造品、渡航し調達か…川越立てこもり
 埼玉県川越市の発砲・立てこもり事件で、拳自殺した金子謙容疑者(55)=死亡前に刀法違反容疑で現行犯逮捕=らが犯行で使った回転式拳1丁は、フィリピン密造されたものだったことが、県警の調べでわかった。

 金子容疑者は頻繁にフィリピン渡航し、事件直前にも渡っていたことも判明。県警は、拳計3丁を押収しているが、いずれもフィリピン調達されたとみている。

 捜査関係者によると、県警の鑑定で、回転式銃はフィリピン製の密造銃とほぼ特定された。金子容疑者が立てこもった車に残っていた十数発の実弾と、現場に落ちていた八つの使用済み薬きょうもフィリピン製とみられるという。

 金子容疑者らは、回転式銃のほか、トカレフとペン式銃を犯行に使っていた。

 金子容疑者は東京・杉並の医師誘拐事件で服役し、岐阜県の刑務所を2006年2月に仮出所。刑期満了後の同年秋、フィリピンに渡ったことが渡航記録で確認された。その後も頻繁にフィリピンに入国し、立てこもり事件の数週間前にも訪れていたという。

 県警は、金に困った金子容疑者が拳銃を使った犯罪を計画。フィリピンで銃を調達した上で、インターネットの闇サイトで共犯者を募り、呼びかけに応じた長谷部伸一容疑者(43)=公務執行妨害容疑で現行犯逮捕=とともに、埼玉県鴻巣市のパチンコ店を襲ったとみている。

(2008年6月11日14時32分 読売新聞)
銃はフィリピン密造品、渡航し調達か…川越立てこもりより
スポンサーサイト
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。