スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パークゴルフ場:町立公園「はらっパーク宮代」にオープン
パークゴルフ場:家族連れでプレー 町立公園「はらっパーク宮代」にオープン /埼玉
 ゴルフの楽しさを公園などでも気軽に味わえるスポーツとして徐々に普及している「パークゴルフ」。そのパークゴルフ場が今月、宮代町金原の町立公園「はらっパーク宮代」にオープンし、町民らが家族連れでプレーを楽しんでいる。

 パークゴルフは83年に北海道幕別町で考案された。国際パークゴルフ協会(幕別町)の会員は、全国に7万1257人(08年4月現在)に上るが、県内は739人。パークゴルフ場日高市や鴻巣市など県西部に4カ所あるだけだった。

 基本ルールはゴルフとほぼ同じ。パターに似たクラブで、直径6センチのプラスチック製のボールを打って、転がす。空中に打ち上げないので危険が少ない。アウト、インをA、Bコースと呼び、9ホールでパー33打(合計66打)。

 各ホールは、子供や高齢者の体力でも対応できるように20~100メートルと短め。はらっパーク宮代の管理責任者、腰越英紀さん(50)は「このゴルフ場も、協会の公認コースに合わせて設計しています」と話す。

 白岡町から来た60代の夫婦は「ボールを遠くに飛ばす力がなくてもゴルフを楽しめるんですね」と、クラブを握りながら会話を弾ませていた。

 料金は1ラウンド500円、終日利用で1000円。中学生以下は半額。用具は200円で貸し出す。問い合わせは、はらっパーク宮代(電話0480・37・1982)。【栗原一郎】

毎日新聞 2008年6月10日 地方版
パークゴルフ場:家族連れでプレー 町立公園「はらっパーク宮代」にオープン /埼玉より
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。