スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
囲碁:全日本アマ本因坊決定戦地区予選
囲碁:全日本アマ本因坊決定戦地区予選 116人が盤上熱戦--3会場で /埼玉
 アマ碁界の最高峰を競う「佐川急便杯第54回全日本アマチュア本因坊決定戦」(毎日新聞さいたま支局、日本棋院県支部連合会など後援)の地区予選が8日、蕨市、さいたま市大宮区、川越市の3会場であった。

 一般参加108人のほか、歴代の県アマ本因坊1人と過去2年の大会で8強入りしたシード選手7人の計116人が出場。県大会出場枠13を懸けて対戦し、盤上で熱戦を繰り広げた。

 蕨会場の平田碁会所(蕨市中央1)では小中学生も5人が出場。初出場で代表決定戦まで勝ち進んだ、さいたま市立北浦和小4年、津田裕生君(9)は「何十歳も年上の人と対戦して緊張したけど、相手の手を読むのが面白かった。将来はプロになりたい」と話した。

 地区予選を勝ち上がった13人と、過去に3回以上県アマ本因坊の称号に輝いた招待選手の▽武井一利さん(さいたま市)▽福岡修二さん(和光市)▽曽我部敏行さん(さいたま市)の3人は22日、碁席大宮本因坊(さいたま市大宮区大門町3)である県大会に出場する。【飼手勇介】

 招待選手を除く県大会出場者は以下の通り。(敬称略・順不同)

 ▽大岩徹(三郷市)▽胎中昭秀(幸手市)▽小川賢(蕨市)▽塚本靖俊(吉川市)▽岡本英明(川越市)▽関翔一(飯能市)▽木下暢暁(和光市)▽橋本俊也(久喜市)▽福嶋常(さいたま市)▽坂本修作(白岡町)▽高橋治(さいたま市)▽日高雅博(久喜市)▽伊藤和由(行田市)

毎日新聞 2008年6月10日 地方版
囲碁:全日本アマ本因坊決定戦地区予選 116人が盤上熱戦--3会場で /埼玉より
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。