スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オバサマは「ヨン様の聖地」 埼玉の高麗神社を目指す
オバサマは「ヨン様の聖地」 埼玉の高麗神社を目指す

埼玉県日高市に「ヨン様聖地」と呼ばれる神社があるのだという。韓国の人気俳優ペ・ヨンジュンさんが2007年にドラマ「太王四神記」に主演してから口コミで広がり、今ではオバサマ達がバスツアーなどで全国から大勢やってくるようになっている。

ヨン様ファンの方々が多く訪れています!」
その神社は1300年もの歴史がある高麗(こま)神社。埼玉県産業労働部観光振興室が運営するサイト「ちょ~でぃーぷな観光協会」を見ると、「ヨン様ファンの方々が多く訪れています!」などと紹介されている。

同神社によると、ヨン様ファンのオバサマ達が増えてきたのは07年夏頃から。絵馬を買った参拝客が、ヨン様に関するお願い事を書いて奉納することが増えたため、調べてみると、ヨン様主演のドラマ「太王四神記」の影響だということがわかった。

太王四神記」は、かつて朝鮮半島で栄えた国「高句麗」が舞台。ヨン様は5世紀に高句麗の領土を最大規模に広げた好太王(広開土王)を演じている。韓国では07年9月11日から12月5日まで放送された。日本では07年12月3日からNHK「BS」で字幕版、地上波では08年4月5日から日本語吹き替え版の放送が開始された。

実は高麗神社が建っている地域は、668年に唐と新羅によって滅ぼされた高句麗国の王族が移り住んだとされる。神社の主祭神は高麗王若光で、若光の子孫が代々宮司を務め、現宮司は60代目になっている。そうしたなか、ヨン様ファンの間に、日本にはドラマの舞台になっている高句麗関連の神社がある、という情報がインターネットなどを使って口コミで広がった。そのせいで、今や「ヨン様の聖地」とまで言われるようになっているのだ。

ヨン様は神社に来たことがない
参拝に来るヨン様ファンは30代~80代の女性。5人、10人といったグループで訪れ、時にはバスツアーで大勢来たりもする。社殿に並んだ絵馬には、ヨン様に関する様々な願いや思いが書かれている。

「撮影が無事に終わりますように」
「ドラマが成功しますように」
そして、ヨン様が撮影でケガをしたというニュースが流れると、

「ペヨンジュン様の首の怪我が治りますように」
などという絵馬が多数飾られもした。

同神社の高麗文康宮司によれば、ヨン様が神社に訪れたことはなく、ヨン様がこの神社の存在自体を知っているのかどうかもわからない。ヨン様は08年5月30日に2年ぶり来日したが、「ヨン様が神社にいつ来るのか」という問い合わせが相次ぎ、困ってしまったこともあったようだ。ただし、ヨン様を通じて神社の知名度が上がっていることは喜んでいる。

「私どもは高句麗国のことを広く知っていただき、伝えていくのも使命なんです。ヨン様やドラマを通じて高句麗国に関心を持っていただけたとしたら、とても嬉しいことです」

オバサマは「ヨン様の聖地」 埼玉の高麗神社を目指す
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。