スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川浄化のエコで安価な秘策実施

川浄化のエコで安価な秘策実施 坂戸市など

 埼玉県坂戸市や地元の自治会などは、坂戸市を流れる鶴舞の水質改善に木炭を使用する試みを始めた。木炭は秩父市のダムに流れ着いた流木をNPO団体が回収して再利用したもの。低コストでエコな事業として注目を集めている。
 鶴舞は、坂戸市鶴舞などを流れる荒水系高麗の支流河川。主に、農業用排水路として使用されてきた。だが、下水道が上流部周辺で完備されていないため、ここ数年、流れ込む生活雑排水によって水質が悪化。水量が低下する夏場などには周辺住民から「悪臭がする」などとの苦情が寄せられていた。
 このため、市や地元自治会が中心となって、消臭や有害物質吸着などの効果があるとされる木炭を使った水質浄化を計画。市職員や地元自治会など計4団体が参加し、鶴舞川に生活雑排水などが流れ込む4地点に、木炭約7キロ入りの袋4、5個ずつを設置した。

 木炭は、秩父市の森や河川の保全活動などを行っているNPO法人「森」が、同市の二瀬ダムに流れ着いた流木を回収してつくったもの。家屋の調湿材や土壌改良材として用いてきたが、市が無償で約400キロを譲り受けた。
 市の環境政策課は「本来はゴミになる流木をリサイクルして使っているのでエコ。お金もかからない」と自画自賛している。
 地元の農家で組織する「大家五号堰水利組合」の鹿山登一郎組合長も「画期的な事業。きれいな水が蘇ってほしい」と期待を寄せている。
 しかし、木炭設置はあくまで当面の措置。市は、屎尿(しによう)と生活排水を同時に処理する合併処理浄化槽の設置を各家庭に呼びかけるとともに、「鶴舞川の浄化について地域の人に関心を持ってほしい」としている。

川浄化のエコで安価な秘策実施 坂戸市など

ブログではじめる新しい情報発信のカタチ 「Bizlog」
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
そうですね。
ただ一端でなく,サイクルとしての説明がないと賛同できない部分もあると思います。
その後吸着した汚れと木炭が混ざっていい黒土になって農業に使えるとか。
ただ,動かないと始まらないというものもあるとは思いますね。
2009/03/03(Tue) 23:24 | URL | 鶴ヶ島プラス | 【編集
本来はゴミになる流木をリサイクルして使っているのでエコ。お金もかからない

汚れを吸着した木炭はどうするの?
そのまま川に堆積したゴミとして放置するの?
引き上げれば廃棄物として処理しなければならないし・・・処理費用は高いしね~!?

EMのように汚濁の原因にならないからいいの?

どちらにしても、いい加減な対策で自画自賛しないでよね!!
2009/03/03(Tue) 11:03 | URL | 怒ってます! | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。