スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迷子の犬猫捜します

迷子の犬猫捜します 検索電話サービス開始

 
 迷子捜せます―。行方不明となって県内保健所などに収容されているペットの情報を、電話で一括検索できる迷子動物探索テレホンサービスが始まった。飼い主に代わって迷子捜しを“代行”。該当情報があれば飼い主に提供し、該当しない場合でも迷子届として受理、各保健所に一斉配信する。

 県内十四の保健所(川越市除く)と動物指導センター二カ所、さいたま市動物愛護ふれあいセンターが対象施設。

 従来から県のホームページ上では施設収容されたを画像入りで公開していたが、今回は「パソコンを持っていない」「操作が苦手で検索方法が分からない」という声に応えた。ホームページと同様、飼い主が複数の施設に個別照会する手間を省くことができるという。

 サービスを導入した県生活衛生課によると、二〇〇七年度、飼い主不明で捕獲収容されたの数は計六千八百四十三匹。うち飼い主の元へ戻ったのはが23%(六百九十四頭)、は0・2%(七匹)だった。

 迷子動物探索テレホンサービスは、専用ダイヤル(TEL048・824・2170)。平日の午前九時から午後五時まで受け付け。

迷子の犬猫捜します 検索電話サービス開始

ブログではじめる新しい情報発信のカタチ 「Bizlog」
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。