スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市民、議会の声聞き再検討

川越市:庁舎移転、白紙に 「市民、議会の声聞き再検討」--川合市長表明 /埼玉

 川越市は27日、川越駅西口前への建設を前提に検討してきた市庁舎移転白紙に戻し、再検討することを決めた。川合善明市長がこの日の市議会での答弁で明らかにした。

 川合市長は「移転するかしないか、現在地での増築、新築なども含めて市民議会の意見を聞き、改めて決めたい」と述べた。昨年4月に舟橋功一前市長の肝いりで設けられた新庁舎建設準備室を年度末で廃止し、今後は政策企画課内に担当職員を置いて対応することも明らかにした。

 庁舎移転を巡っては、舟橋前市長が07年秋に「今の市庁舎は耐震性不足。駅西口に建設したい」と突如表明。08年3月には市議会も特別委員会を設置した。市も準備室を中心に、09年度中の基本構想策定を目指し、検討してきた。

 しかし、川合市長は1月の市長選で「意思決定のプロセスが不透明だ」として白紙化、再検討を公約に掲げていた。この日の議会後には「西口移転を決めたのは拙速。渋滞などさまざまな影響を考えれば、方針決定には数年はかかるはず」と話した。
川越市:庁舎移転、白紙に 「市民、議会の声聞き再検討」--川合市長表明 /埼玉


ブログではじめる新しい情報発信のカタチ 「Bizlog」
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。