スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
客3人から菌検出

客3人から菌検出 飲食店を営業停止 川越市保健所
 
 川越市保健所は二十一日、市内の飲食店で食事をした男女四人が下痢や発熱などの症状を訴え、このうち三人から食中毒の原因となる菌「カンピロバクター」が検出されたため、この飲食店を二十一日から三日間営業停止処分とした、と発表した。

 処分を受けたのは、川越市霞ケ関東一丁目、飲食店「横浜天下鳥・霞ケ関店」(加藤芳教さん経営)。

 発表によると、県内などの二十歳代の男女五人が今月九日午後七時ごろ、同店で飲食。このうち、男性一人と女性三人は十二日から、下痢や発熱の症状が起こった。女性の一人(21)が十六日午前、同保健所に通報。同所で四人の検便を実施したところ、三人からカンピロバクターが検出された。四人は快方に向かっている。
客3人から菌検出 飲食店を営業停止 川越市保健所


ブログではじめる新しい情報発信のカタチ 「Bizlog」
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。