スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絵画が語る宮沢賢治

絵画が語る宮沢賢治 川越市立美術館で展示会

 「絵で読む宮沢賢治展 賢治と絵本原画の世界」(東京新聞など主催)が十一日、川越市郭町の川越市立美術館で開幕し、初日から多くの観客でにぎわった。

 同展は、宮沢賢治の生涯を直筆原稿や彼に影響を受けた作家の絵画で紹介しており、特別出品として闘病中につづられた「雨ニモマケズ手帳」の実物も二十六日まで展示されている。

 午後二時からのレセプションには、賢治の弟の孫に当たる宮沢和樹さんが出席し、「賢治は自分の作品を、特に思春期の子どもたちに見てほしかった。作品を見た子どもたちが何かを感じてもらえればうれしい」とあいさつした。

 同展は、十一月二十四日まで(十四、二十七日、十一月四、十、十七日休館)。問い合わせは同美術館=(電)049(228)8080=へ。

絵画が語る宮沢賢治 川越市立美術館で展示会より


ペットと暮らせる物件探し!
鶴ヶ島プラス全然β


マルチドメイン無制限・大容量5GB・月額1,575円 ⇒ レンサバ.com
「わかりやすい」が一番!アイディーオー証券のインターネット取引
安心で素敵な生活を送りたくないですか?女性のための入院保険
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。