スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川越市、徴収強化へ対策室

税など滞納総額115億円  川越市、徴収強化へ対策室

 川越市は26日、市国保税市営住宅使用料など27債権の滞納総額が約115億円にのぼると発表した。収納率を上げるため、10月1日に収納対策室を新設し、長期滞納者など徴収が難しい債権の回収に力を入れていくという。

 市によると、2007年度末現在の27債権の滞納総額のうち、市国保税は計約99億円で全体の8割以上を占める。市税滞納者は1万7967人で、うち541人が100万円以上を滞納している。中には1996年からの滞納累積額が6878万円にのぼる悪質な例もあるという。

 国保税滞納者は2万896人で、100万円以上の滞納者は1506人。市税と国保税とも滞納するケースも多く、それぞれの担当課が別々に債権回収する効率の悪さも指摘されていた。

 10月から業務を開始する収納対策室は、国税徴収に長年携わってきた元税務署職員2人を採用、計7人で、担当課が手を焼いてきた高額で徴収困難なケースを専門に回収する。今年度は国保税のほか、市営住宅使用料、母子寡婦福祉資金、保育料の徴収に重点的に取り組み、「2010年度までに滞納総額の15%削減を目指す」(財政部)という。

税など滞納総額115億円  川越市、徴収強化へ対策室より


ペットと暮らせる物件探し!
鶴ヶ島プラス全然β


マルチドメイン無制限・大容量5GB・月額1,575円 ⇒ レンサバ.com
「わかりやすい」が一番!アイディーオー証券のインターネット取引
安心で素敵な生活を送りたくないですか?女性のための入院保険
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。