スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【名建築を訪ねる】  高麗家住宅

【名建築を訪ねる】江戸期以降、寺子屋にも利用 高麗家住宅(埼玉県日高市)

 緑豊かな「カワセミ街道」沿いに、奈良時代創建と伝わる「高麗(こま)神社」がある。その境内に、どっしりとたたずむかやぶきの古民家。代々、神社の祀職(ししょく)を務めてきた高麗氏の旧宅だ。

 大和朝廷は、朝鮮半島の高句麗(こうくり)滅亡後(六六八年)に日本列島に渡った渡来人を、現在の埼玉県日高市や周辺一帯に集めて武蔵国高麗郡をつくった。高麗氏はその地を治めた高麗(こまの)王若光(こきしじゃっこう)の子孫。高麗神社には高麗郡の開拓と治世に力を尽くした若光が祭られている。

 高麗家の家伝によると、住宅は江戸時代初期の慶長年間(一五九六-一六一五)に建てられたとされる。山を背にして立つ住宅は、入り母屋造りかやぶき屋根で、広さ約百二十二平方メートル。外壁には弓矢避(よ)けとされる木製格子が並ぶ。

 屋内に足を踏み入れると、大黒柱がなく、何本もの細い柱が、ケヤキやマツの木などでできた梁(はり)を支えているのに気付く。異なった大きさの四部屋で構成している「古四間取(こよまど)り」という構造。江戸時代の典型的な民家は、大黒柱を中心に各部屋をほぼ同じ大きさに配置しているが、古四間取りはそれ以前に用いられた構造という。

 四間はそれぞれ「表座敷」「奥座敷」「部屋」「勝手」と呼ばれる。

 書院造りの「表座敷」は太い梁が縦横に走り、奥行きが十五センチしかない簡易な床の間の一種である押板がある。「奥座敷」には通常の床の間があり、客人用の別の一室とつながり一組になっている。「部屋」は土壁で覆われており、産所として使われていた。

 住宅は一九五〇年代まで高麗家の人々が住居として使用していた。江戸時代以降、表座敷が寺子屋として利用され、土間が獅子舞のけいこ場となるなど、地域住民にも親しまれた。

 住宅は建てられてから一度も移築されていない。近世初期の民家の遺構を残し宗教者の生活空間でもあるという理由から七一(昭和四十六)年に国の重要文化財に指定された。七六年から一年かけて解体修理し、当初の構造を復元した。

 現在、事前に予約があった研究者や見学グループに公開している。地元の小中学生も見学するといい、高麗文康宮司(41)は「若い人たちに、昔の生活のありさまを伝え、今を考える材料にしてもらえれば」と話す。 

邦楽演奏会や美術展開催
 高麗家住宅の土間には、足踏み脱穀機や、背負い梯子(ばしご)など、昔懐かしい農機具が展示されている。前宮司が中学校教諭を務めていた1950-60年代、機械化が進み各地で使われなくなった道具を集め、入場者に農具の歴史を伝えようと置いた。

 2002年からは、住宅で、童謡や邦楽などのコンサート、オセアニア地域の造形美術展などを不定期に開催している。伝統と格式ある住宅が、多様な形で親しまれている。


 JR川越線、八高線の高麗川駅から徒歩20分。西武池袋線高麗駅から徒歩45分。埼玉県日高市新堀850。見学予約時の公開時間は午前9時から午後4時。問い合わせは=(電)042(989)1403=へ。

【名建築を訪ねる】江戸期以降、寺子屋にも利用 高麗家住宅(埼玉県日高市)より


ペットと暮らせる物件探し!
鶴ヶ島プラス全然β


マルチドメイン無制限・大容量5GB・月額1,575円 ⇒ レンサバ.com
「わかりやすい」が一番!アイディーオー証券のインターネット取引
安心で素敵な生活を送りたくないですか?女性のための入院保険
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。