スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全国公募書道展「放哉を書く」

受賞の興奮新た 全国公募書道展「放哉を書く」

 鳥取市出身の自由律俳人・尾崎放哉(一八八五-一九二六)の俳句を題材にした全国公募書道展「放哉を書く」(放哉の会、新日本海新聞社主催)の表彰式が二十三日、鳥取市上町の市歴史博物館やまびこ館で開かれた。応募総数四百三十点から放哉大賞(鳥取県知事賞)に輝いた松崎礼文さん(44)=埼玉県東松山市=に、平井伸治知事から賞状と記念品が贈られた。松崎さんは「とても興奮している。これを機会に現代文の書に情熱を傾けたい」と顔をほころばせていた。

 式には受賞者ら約百人が出席。平井知事や放哉の会の八村輝夫会長らからそれぞれに賞状が贈られた。

 八村会長は「鳥取のまちを放哉でにぎやかにするこの書道展は大成功だった」と話し、平井知事も「俳句と書が出合うのはめったにない企画。情熱を傾けた筆と文字一つずつが見た方々の心に届くはず」と応募作品をたたえた。

 公立高校の教諭として書道を教える松崎さんは「思わぬ受賞で、今後の励みになる。現代文を書く難しさを痛感したが、受賞したことで取り組んでいくスイッチが自分に入った感じ」と喜びをかみしめていた。

 同展は放哉のふるさと鳥取を全国に発信しようと企画された初の書道展。入選以上の約三百点を同市内の六会場で展示しているほか、各会場を巡って作品鑑賞と俳句作りを楽しむ「俳句ing(ハイキング)」や講演会が行われた。展示は二十五日まで。

受賞の興奮新た 全国公募書道展「放哉を書く」


ペットと暮らせる物件探し!
鶴ヶ島プラス全然β


マルチドメイン無制限・大容量5GB・月額1,575円 ⇒ レンサバ.com
「わかりやすい」が一番!アイディーオー証券のインターネット取引
安心で素敵な生活を送りたくないですか?女性のための入院保険

スポンサーサイト
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。