スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100歳以上1008人

100歳以上1008人  初の大台

 今月末までに100歳以上になる県民は1008人で、初めて1000人を突破したことが12日、県のまとめで分かった。昨年より85人多く、この10年で4.3倍に増えた。

 県の集計によると、男性は139人、女性は869人で、女性が86%を占める。人口10万人当たりでは14.22人と、全国平均28.39人のほぼ半分で、都道府県別では19年連続の最下位。

 市町村別は、さいたま市が179人と最も多く、所沢市61人、川口市54人、川越市48人、越谷市34人、春日部市32人など。伊奈町だけ1人もいなかった。

 県内最高齢は、男性が入間市の服部孝さん、女性が坂戸市の小林よしさんで、共に1898年(明治31年)生まれの110歳。

100歳以上1008人  初の大台より


ペットと暮らせる物件探し!
鶴ヶ島プラス全然β


スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なぜ!!「長寿県」の1位は、36年連続で沖縄県。沖縄は65歳以上の割合は全国最低で、「高齢者は少ないのに長寿が多い特異な地域」(厚労省老健局)になっている。上位10県はすべて中国、四国、九州に集中し、最下位は19年連続で埼玉県
2008/09/13(Sat) 18:00:41 |  新立教大学院・21世紀:危機管理研究会のプログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。