スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海岸や山麓を歩く

4コースで鳥海ツーデーマーチ 3200人、海岸や山麓を歩く

 第16回奥の細道鳥海ツーデーマーチ遊佐町、日本ウオーキング協会、山形新聞、山形放送など主催)が6日、遊佐町で開幕した。全国各地から集まった参加者たちが、色づき始めた田園や海岸沿いの松林などを眺めながらウオーキングを楽しんだ。


 初日は「緑と庄内砂丘日本海コース」と題した5-40キロの4コースが設定され、約3200人が臨んだ。各コースの出発式で、小野寺喜一郎遊佐町長、村山友宏日本ウオーキング協会長、柴田隆山形新聞庄内総支社長らがあいさつした後、参加者たちが町民体育館前広場をスタート。強い日差しが照り付ける中、汗をぬぐいながら、思い思いのペースで歩を進めていた。

 埼玉県川越市、会社員大森陽子さん(58)は「地元の高校生らが途中で振る舞ってくれた水が、何よりおいしかった。景色も素晴らしかった」と話していた。

 最終日の7日は「水と鳥海山麓(さんろく)、自然コース」(5-30キロの4コース)で行われる。

4コースで鳥海ツーデーマーチ 3200人、海岸や山麓を歩くより


サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。