スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪雨前線 各地で浸水や避難勧告

【関連】豪雨前線 列島に猛威 各地で浸水や避難勧告

 バケツをひっくり返したような記録的な豪雨が二十八日、関東・東海地方を襲い、鉄道ダイヤが乱れたり、土砂崩れや住宅の浸水被害が多発したりした。人的被害は報告されていないが、気象庁は河川の増水などに注意を呼び掛けている。 

 関東では夜になって雨脚が強まり、栃木県鹿沼市では五世帯十人が自主避難。神奈川県相模原市では三百五十七世帯に避難勧告が出た。また茨城県下妻市などで計四棟、相模原市で三棟、東京都町田市で二棟、埼玉県熊谷市で一棟がそれぞれ床上浸水。熊谷、川越両市で道路冠水が六件発生した。

 警視庁八王子署などによると、東京都八王子市戸吹町の国道411号の一部が土砂崩れで埋まりあきる野市までの約一キロが通行止めになった。

 首都圏の鉄道では、埼玉県の東武東上線川越市駅付近に落雷。乗り入れる東京メトロ有楽町線や、副都心線などでダイヤが乱れた。JR中央線高尾駅構内で線路が冠水し、八王子-高尾間で運転を見合わせた。JRによると、復旧のめどは立っていないという。

    ◇

 東海道新幹線は、二十八日午後一時二十五分ごろ愛知県豊橋市の雨量計が規制値に達したため、浜松-三河安城間の上下線で運転を見合わせた。

 約四十分後に運転を再開したが、午後二時四十五分ごろにも同じ雨量計が規制値に達し再度、同じ区間で約一時間二十分、運転を取りやめた。午後十一時六分と十五分にも名古屋市内で雨量が相次いで規制値を超え、三河安城-岐阜羽島間で運転を見合わせた。

 また豊橋市と同県岡崎市は市内を流れる川があふれるなどしたため、計約千四百世帯に避難勧告を出した。

【関連】豪雨前線 列島に猛威 各地で浸水や避難勧告(http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008082902000097.html)より


サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


スポンサーサイト
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。