スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
路上生活者 住まい提供 社会復帰支援NPO

路上生活者 住まい提供  社会復帰支援NPO 設立2年

 路上生活者らを援助する県内でも珍しいNPO法人「ほっとポット」(さいたま市岩槻区)が設立されて間もなく2年になる。アパートを借り上げ、低家賃で貸し出すなどして自立支援。これまでに約100人が部屋を利用し、約20人が職を得て再び社会に飛び立った。会のメンバーは5人とも20歳代。路上生活者は年々減っているが、相談は増える一方という。

 さいたま市岩槻区真福寺の木造2階の「かきの木荘」。6畳程の部屋が7室あり、長い路上生活から解放された男女8人が体を休ませたり、職探しをしたりしている。

 ここを借り上げて彼らに提供しているのが「ほっとポット」だ。生活保護の受給手続きを手伝うほか、一戸建てやアパートの一室を1年を目安に低家賃で貸し出している。貸し出す対象は、借金に追われて家に帰れない人、刑務所から出所したばかりで行き場のない人など様々。

 岩槻区内の事務所には日中、助けを求める相談の電話が絶えないが、代表の藤田孝典さん(26)は「人の生死にかかわる仕事。やりがいがある」と一つ一つ丁寧に応じる。

 メンバーは週に数回、部屋を訪ね、住人の悩みに答える。「何年も孤独に生きた人が地域の輪にとけ込むのは難しい」と藤田さん。届いた回覧板をどうすればいいか分からない人、ゴミの分別ができず、1か月で「ゴミ屋敷」にした人もいた。

     ◎

 藤田さんが路上生活者を助けようと決めたのは、介護士を目指して勉強していた大学2年の夏。自転車で路上生活の男性と接触した。事情を聞くと、男性は銀行の支店長だったが、アルコール依存症で仕事を辞めたという。「元の生活に戻りたい。誰も助けてくれない」。男性の悲痛な叫びが、強く胸を打った。

 再び社会に復帰するための後押しができないか――。地域福祉とホームレス支援の勉強に力を入れ、社会福祉士の資格を取得。炊き出しなどのボランティアで知り合った仲間3人を誘い、2006年10月に「ほっとポット」を設立した。現メンバーは5人とも社会福祉士の資格を持つ。

 会を通じてさいたま市内のアパートなどで暮らす人は現在、10~70歳代まで75世帯の約80人。3万~4万7000円の家賃は月々の生活保護費から支払う。住めるのは原則1年。その間に職を探し、社会に復帰させるのが藤田さんたちの仕事だ。

 県社会福祉課によると、県内のホームレスは今年1月時点で597人。03年1月の829人をピークに減少傾向にあり、01年の調査開始以来、初めて600人を切った。

 しかし、藤田さんは「公園や河川敷など目に見えるホームレスは減っているが、ネットカフェなどに寝泊まりする人は増えており、事務所に寄せられる相談件数も急増している」とホームレスの“潜在化”を指摘している。

 問い合わせや相談は「ほっとポット」(048・793・5160)へ。

  ◎

 「こんな幸せになっていいのかと思うほどです」。今年2月からさいたま市見沼区のアパートに一人で暮らす男性(57)は、きれいに片付けられた6畳一間の部屋を見渡し、穏やかな笑みを浮かべた。真新しいポロシャツを着こなす姿からは、当時の生活は想像もつかない。

 路上で暮らしていた男性が、JR南越谷駅周辺で「ほっとポット」の藤田さんに声をかけられたのは昨年夏。「お体は大丈夫? もう1度、やり直してみませんか」

 男性は職を転々とする一方、パチンコや競馬にはまり、消費者金融から金を借りる生活を15年ほど続けていた。借金は次第に膨らんで400万円に達し、昨年2月、越谷市の自宅を飛び出した。

 路上生活を始めたが、縄張り意識の強いホームレス社会には溶け込めなかった。公園のベンチで寝起きし、腹が減れば水を飲んだ。「健康な体も金もない。妻とも離婚し、元の生活に戻ろうにも、どうしていいか分からなかった」と振り返る。

 藤田さんらに連れられ、「ほっとポット」が借り上げた見沼区の一軒家で、似た境遇の人たちと一つ屋根の下で暮らし始めた。生活保護を受けながら家賃を支払った。今年1月から食品製造工場でアルバイトを始め、念願だったアパートでの一人暮らしを手に入れた。

 いまも同じ仕事を続ける。収入は月約12万円と、生活保護を受けていたころと余り変わらないが、あえて自立の道を選んだ。「仕事で人に頼られることが本当に楽しい。『ほっとポット』の方たちが、人並みの生活に戻るためのワンステップを踏ませてくれた」。男性は何度も感謝の言葉を口にした。

路上生活者 住まい提供  社会復帰支援NPO 設立2年(http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20080826-OYT8T00828.htm)より


サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


スポンサーサイト
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。