スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中小企業の新分野進出応援 助成事業公募

ファンド28日から 道内中小企業の新分野進出応援 助成事業公募
 地域資源を活用した新事業中小企業の競争力強化などを支援する総額百億二千万円の「北海道中小企業応援ファンド」が二十八日からスタートし、助成事業を受け付ける。

 ファンドは、経済産業省所管の中小企業基盤整備機構や道、ノーステック財団のほか、道内二十七の銀行、信金、信組が資金を拠出。財団法人北海道中小企業総合支援センターが管理運営する。中小企業の「応援ファンド」は珍しくないが、道によると、これほど多くの金融機関などが支援する例は少ないという。

 運用期間は十年間で、年間運用益は約一億七千三百万円。このうち利子返済分などを除いた一億五千八百万円を各年度で事業補助に充てる。

 対象となる事業は、新分野・新市場進出のための製品開発、地域資源を活用した商品開発や創業、自動車関連産業の集積促進など。助成率は三分の二および二分の一。助成金額は百万-一千万円。

 地域資源を活用した事業では、企業の地元以外の地域資源を使っても助成対象とし、北海道経済産業局が取り組む「地域資源活用プログラム」より条件を緩和した。本年度の公募期間は九月十日まで。

 ファンド開始を記念して二十八日午後三時半から、札幌市中央区北五西五のセンチュリーロイヤルホテルでセレモニーと講演が行われる。講師はビール製造をはじめとする総合食品企業の協同商事(川越市)の朝霧幸嘉社長。参加無料。

 ファンドの助成事業、記念セレモニーの問い合わせは北海道中小企業総合支援センター(電)011・232・2001へ。

ファンド28日から 道内中小企業の新分野進出応援 助成事業公募より



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


スポンサーサイト
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。