スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
災害時に情報提供 鶴ヶ島市 東電などと協定

災害時に情報提供 鶴ヶ島市 東電などと協定

 鶴ケ島市は、災害発生時に停電家屋倒壊などの情報を市に提供してもらう「災害時における情報提供に関する協定」を東京電力川越支社(岡安恒支社長)と、災害発生時に公共施設の電気設備の応急復旧作業に協力してもらう「災害時における応急復旧業務に関する協定」を埼玉県電気工事工業組合(小澤浩二理事長)と、それぞれ締結した。

 二協定は被災地域の情報提供や電気設備が速やかに復旧されることにより、迅速な災害復旧活動に寄与する狙い。

 情報提供に関する協定は、同支社が市に対して1広域停電2停電の復旧見込み3雨水幹線(公共下水道)などのはんらんによる道路冠水4家屋倒壊や倒木などによる道路状況―など災害に関する情報を提供する。応急復旧業務に関する協定は、市の要請に基づき同工業組合が復旧業務を速やかに実施する。

 調印式には協定締結関係者ら計十五人が出席。藤縄善朗市長は「災害時の他団体との協定は十六件にのぼり、今回の協定締結により災害時の復旧体制はさらに強化される」などとあいさつ。

 岡安支社長は「災害時は電力設備だけでなく、家屋倒壊などの情報を得ることもある。こうしたものをぜひ役立ててほしい」、小澤理事長は「上田知事が初当選の際、安全安心を公約に掲げており、私たちはこれに協力。各自治体と協定を結んでいる」などと話した。

災害時に情報提供 鶴ヶ島市 東電などと協定より



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。