スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自信があるから素の姿

(4)自信があるから素の姿

 志望者やその保護者に、ありのままの姿を見せようとする大学がある。

 「うちの大学は忙しい。実験や実習が多くて、夏休みは1、2週間しかないが、その分将来への不安はない」

 「おしゃれしてブランド品を持って、というような女子大のイメージは全くない」

 埼玉県坂戸市女子栄養大学オープンキャンパス(見学会)が行われた7月26日、大教室の教壇で、オレンジ色のTシャツを着た学生2人がマイクを握った。3年の高瀬麻梨香さん(20)と2年の秋山加奈さん(20)。教室には、志望者の保護者ばかり約200人が集まった。

 司会役の染谷忠彦常任理事(65)が「駄目なところを言っていいんだよ」と促すと、2人とも「学費が高いところですね」と苦笑いを浮かべた。保護者からは「1週間の時間割は?」「生活費はどうしているか」といった質問が飛んだ。

 保護者対象の説明会で、学生大学生活について話す取り組みは昨年から始まった。「キャンパスに来て保護者は何を見て真実と感じるか。学生にありのままに話させるのが一番いい。業者が入る形態が増えているが、それは着飾った姿。手作りでそのまま見せればいい」と染谷さん。2人とは話す中身について事前に打ち合わせもしなかった。


 2007年の管理栄養士の国家試験合格者は223人で全国トップ、臨床検査技師も52人が合格した。養護教諭や家庭科教諭の採用試験対策を実施するなど、様々な資格が取得できるカリキュラムを備え、学生の目的意識は高い。

 入学定員約600人の小さな大学オープンキャンパスに、昨年度は8日間で計約5500人が訪れた。今年は9日間に増やしたが、取得できる資格の説明や、職員や教授、学生による個別相談が中心で、派手な催しはない。料理と皿のコーディネートなど体験セミナーはごくわずか。予算は、学生へのアルバイト代、配布資料代など約500万円だけだ。7月26日には授業も行われ、教室が数百人の学生で埋め尽くされていた。


 ありのままを見せると同時に大学側が重視するのが保護者へのアドバイスだ。保護者説明会では、染谷常任理事が「過保護になりすぎないで。少子化時代の今は学校の先生でなくて、最後は親の助言が重要。過去の経験にプラスして今の大学がどうなっているかを知り、子供に助言して下さい」と語りかけ、オープンキャンパスを親子別々で見ることや、普段の大学の様子を見学することを勧めた。

 訪れた親子に好評だったのが、大学が独自に運営し、健康管理を重視する食堂でのランチだ。もちろんメニューは普段と変わらない。この日の人気メニューは、サバのから揚げサルサソース、きんぴらごぼう、胚芽(はいが)米ごはんだった。

 朴なオープンキャンパスの裏に、大学側の自信がうかがえた。(石田浩之、写真も)

 管理栄養士 大学・短大の学科や専攻など、厚生労働相指定の養成施設を卒業すると、都道府県知事から免許が交付される栄養士に対し、管理栄養士は国家試験に合格する必要がある。病院の献立作りは栄養士も出来るが、保険診療での栄養食事指導は、管理栄養士が行う。養成施設は、中村学園大(福岡)、武庫川女子大(兵庫)など112校にある。

(4)自信があるから素の姿より



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。