スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
郵便局がコンビニ経営 ローソンとFC契約

郵便局がコンビニ経営 ローソンとFC契約

 日本郵政グループ郵便局会社は、首都圏6カ所の郵便局内に小型コンビニ店を8月に開設すると発表した。同社が経営し、コンビニ大手のローソンフランチャイズFC契約を結んで商品の提供を受ける。郵便局会社が本格的に物品販売に乗りだすのは初めて。

 新設店の名称は「JP ローソン」。8月6日から順次、日本郵便局(東京)や平塚郵便局(神奈川県平塚市)、川越西郵便局(埼玉県川越市)、美浜郵便局(千葉市)など1都3県の計6局の空きスペースに開く。

 店舗面積は約20~56平方メートルで一般のコンビニの3分の1から半分ほど。扱う商品も1000品目前後と通常の約半分に絞り込むが、おにぎりや弁当、文具、日用品などに加え、郵便ポストをかたどった雑貨類なども販売する。郵便局会社が新たにコンビニの店長や店員を募集する。

郵便局がコンビニ経営 ローソンとFC契約 より



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


スポンサーサイト
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。