スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5300点の復元土器

5300点の復元土器 青森・三内丸山遺跡

 青森市縄文集落跡・三内丸山遺跡(5500―4000年前)の特別収蔵庫で、出土した土器の見学会が開かれている。8月24日まで。

 特別収蔵庫には出土した破片を接着剤や石こうで補修し、復元した土器約5300点が収められている。通常は非公開だが、夏休み期間は例年見学会がある。

 27日は観光客や親子連れ4人が参加。遺跡展示室の解説員が案内役を務め、土器が出土した場所や文様の特徴などを説明した。

 庫内には触れる土器も用意され、参加者は記念撮影をしたり、文様をじっくり眺めたり。埼玉県坂戸市の無職渡辺実さん(60)は「展示の多さに驚いたが、北の素晴らしい文化に触れて感心した。今後の研究にも期待したいですね」と話した。

 開始時間は午前11時と午後2時の2回。定員20人。参加無料。開始前に展示室受付に集合する。連絡先は同遺跡展示室017(781)6078。

5300点の復元土器 青森・三内丸山遺跡より



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


スポンサーサイト
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。