スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記者日記:沈黙
記者日記:沈黙 /埼玉
 “看板娘”との出会いは偶然だった。坂戸市の喫茶店で半年ほど前、おなかを見せながら寝ころんでいるのを偶然見かけた。柴犬とテリアを両親に持つ「ちび」。無防備で平和な姿と愛想の良さは、多くの愛犬家を店にいざない、疲れも癒やす。

 入店すると足元に寝転び離れない。喜んでいると、狙いはテーブルのチョコレートだと気付いた。包装を開けるかすかな音も聞き漏らさず、立ち上がって見つめる。店は客がチョコをあげないよう求めているが、私が1回だけあげたのを覚えていて、待っているのだ。かわいいアピールに再び禁を破りそうになる。

 支局への帰路、コンビニエンスストアの駐車場にやせた猫が。車に乗ろうとする初対面の私を、ニャンとも言わず見つめる。根負けして買ったばかりの食べ物を与えた。

 取材の際、ともすると、相手の話を待つより質問が先走りがち。「ちび」と「たま?」に習い、ここは初心に戻って我慢が必要か。【鈴木賢司】

毎日新聞 2008年5月28日 地方版

記者日記:沈黙 /埼玉
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。