スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鉄道トラブル:東武東上線、遮断機下りず 緊急停止

鉄道トラブル:東武東上線、遮断機下りず 男性が横断、緊急停止--坂戸 /埼玉
 17日午前6時15分ごろ、坂戸市溝端町の東武東上線坂戸-北坂戸駅間で、池袋発小川町行き下り普通列車(乗客約70人)の男性運転士が、約90メートル先の踏切の遮断機が下りておらず、男性が自転車を押しながら横断しているのを発見、非常ブレーキをかけた。男性が踏切を渡り終えた後、列車は踏切を140メートル通り過ぎて停車した。けが人はなかった。

 東武鉄道は国土交通省にトラブルを報告した。東武広報部は「一歩間違えば人命にかかわる事故」と謝罪している。

 東武鉄道によると、この踏切は本来なら列車が850メートルまで近づいた地点で遮断機が下り始める。現場では同社の社員ら計8人が17日未明から早朝にかけて、制御回路の改良工事を実施。この際、配線をつなぎ間違えたらしい。異常があったのは下りだけ。警告音と電灯に異常はなかった。

 始発からトラブルが判明するまでに下り3本が通過していた。踏切の修理は午前7時20分ごろに終わった。

鉄道トラブル:東武東上線、遮断機下りず 男性が横断、緊急停止--坂戸 /埼玉より



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β

スポンサーサイト
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
開通してから平日に表参道から池袋まで午後一に利用しましたが、空いていました。通勤に山手線を利用している人は変わりがないといってました。やはり土日の買い物路線のようですね
2008/07/19(Sat) 04:05:53 |  新立教大学院・21世紀:危機管理研究会のプログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。