スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四川大地震支援 川越の生徒ら、慈善公演開催

四川大地震 支援の調べ  川越の生徒ら、慈善公演開催へ

 中国・四川大地震の被災者を支援しようと、川越市の星野高校と星野学園中学校の生徒たちが、20日と27日に予定していた定期演奏会を「中国大地震チャリティーコンサート」として実施する。募金は全額ユニセフに寄付する計画で、生徒たちは「被災地の子供たちの役に立ちたい」と練習に励んでいる。

 同校では毎年、吹奏楽部音楽部などが父母らを招いて定期演奏会を開く。今年も例年通りの開催を予定していたが、5月に発生した四川大地震の被害を知った生徒や教師らが「被災者のために何かできないか」と思案。定期演奏会を急きょチャリティーコンサートに変え、同学園小学校の児童も加えるなど規模を拡大して実施することにした。

 20日は吹奏楽部、箏曲部、バトン部が演奏を披露。27日は音楽部や児童らの合唱のほか、同高芸術科教諭の独唱なども予定している。音響担当の放送部や照明担当の演劇部、募金担当の社会福祉部なども加え、総勢約890人の児童生徒がかかわる見通し。

 20日に出演する箏曲部は、全国高等学校総合文化祭で過去4度、最優秀賞に輝いた。部長の海沼美香さん(18)は「箏は中国から伝わった楽器なので、中国は身近に感じる。被災者たちへの思いを込めて演奏したい」と話す。

 すでに、入場整理券を求める父母らから約600万円の寄付が寄せられた。寄付は一口1000円、当日も会場で受け付ける。会場は両日とも、同校敷地内の星野記念講堂(川越市石原町、1500人収容)で、午後1時半開演。問い合わせは、星野高校(049・222・4488)へ。

四川大地震 支援の調べ  川越の生徒ら、慈善公演開催へより



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。