スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神戸の組長刺殺:殺人予備で1人起訴、3人は処分保留に
神戸の組長刺殺:殺人予備で1人起訴、3人は処分保留に /兵庫

 神戸市中央区で昨年5月、山口組系暴力団の後藤一男組長(当時65歳)が刺殺された事件で、神戸地検は9日、埼玉県川越市、山口組系暴力団幹部、川上秀紀容疑者(61)を殺人予備罪で起訴した。同じ殺人予備容疑で逮捕されたいずれも暴力団幹部の冨澤栄組員▽田宮佐時志組員▽村井良太郎組員は処分保留とした。

 起訴状によると、川上被告はほかの組員らと共謀して昨年5月30日午前9時から午前11時40分ごろまでの間、神戸市中央区二宮町の路上でオノ1本と包丁2本を準備して後藤組長を待ち伏せして殺害する機会をうかがったほか、同区神若通の駐車場で、包丁を持って後藤組長に近づいた。

神戸の組長刺殺:殺人予備で1人起訴、3人は処分保留に /兵庫より
スポンサーサイト
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。