スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「鶴」の一声で? “アフロ目玉おやじ”が登場
「鶴」の一声で? あす“アフロ目玉おやじ”が登場

 今年40周年を迎えたフジテレビ系アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(日曜前9・0)の6日放送分から、アフロへア姿の目玉おやじが登場することが4日、分かった。

 目玉おやじは主人公、鬼太郎の父親で、目玉に胴体がついた身長10センチ未満のキャラクター。過去にチョンマゲ姿が1度だけあり、それ以来の“かぶりもの”だ。毎週、エンディングでその姿を披露する。

 エンディングテーマを新人バンド「鶴」が担当することになったのが、“アフロ・目玉おやじ”誕生のきっかけ。鶴はメンバー3人全員がアフロ姿で、CD購入者の特典として「アフロ・目玉おやじステッカー」を企画した。これが番組スタッフの間で評判となり、「アニメにも登場させよう」と、一気に実現の運びとなったのだ。

 「鶴」は埼玉県鶴ヶ島市の中学校の同級生で結成。今年3月19日にメジャーデビューしたばかり。エンディングテーマの「夏の魔物」は9日発売で、もちろん「アフロ・目玉おやじステッカー」付き。異色のコラボレーションに注目だ。

「鶴」の一声で? あす“アフロ目玉おやじ”が登場より
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。