スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多部未華子「負けないように演じたい」

多部未華子「負けないように演じたい」 - 朝ドラ『つばさ』出演者発表会見

多部未華子主演のNHK朝の連続テレビ小説『つばさ』(2009年3月30日放送スタート)の出演者発表会見が15日、東京・渋谷の同局で行われ、多部を始め、ヒロインの母親役の高畑淳子、父親役の中村梅雀井上和香イッセー尾形らが出席した。

同作の舞台となるのは、江戸の風情が残る埼玉県川越市。そこで江戸時代から店を構えている老舗和菓子屋の「甘玉堂」は、地元に顔向けできない恥があった。今年50歳になる娘の加乃子(高畑淳子)が10年前に家族を捨てて家出。破天荒な母の代わりに、10歳から玉木家の主婦役をこなしてきたつばさ(多部未華子)も20歳となり、製菓衛生士の資格を取るために地元の短大に通って、卒業後は実家で女将修行を積もうと考えていた。そんな矢先に、多額の借金を背負った加乃子が突然舞い戻ってくる。加乃子の出現で、つばさら玉木家に新たな騒動が巻き起こるのだった。

朝ドラ史上初の平成生まれのヒロインとなる多部は「楽しいことや辛いことはもちろんある撮影期間の10カ月になると思いますが、時には助けて頂き、時には助けて上げられるような存在になりながら、楽しい現場を作っていけたらと思います」とまずは意気込みを。

そして、つばさの両親を演じることになる高畑と中村については「テレビなどを観ていてお二方とも凄く明るいイメージがあり、台本を読んでいて物凄く明るい会話のキャッチボールになるんだろうなと思いました。それに入っていくのが凄く楽しみですし、私も負けないように明るく面白く演じたいなと思っています」と抱負を語っていた。

そんな多部演じるつばさの母・玉木加乃子役の高畑淳子は「私には実際に21歳の娘がおり、私より母親らしいんですよ。お洗濯は彼女が全部やってくれてしっかりしてるんですけど、私もこう見えてもしっかりしている方なので、家を出て祭りの度に寅さんのように帰ってくる加乃子というのはわからないですね。餌があったらすぐ走っていく動物のような人間…」と自分の演じるキャラクターを分析。さらに「今回は自分のことを動物だと思って乗り切りたいと思っている次第です。イッセーさん、こういう人間がいるんですね?」とイッセー尾形に問いかけると「高畑さんはいいじゃないですか。台本にちゃんと人間って書いてあるんだから! 私なんか訳わかんない存在ですよ(笑)」と切り返すイッセー尾形。「お互い高いハードルなんですね」と高畑がまとめて周囲を笑わせた。イッセー尾形は、つばさがラジオに悩みを語ると人間の姿になって出現するという謎の男(ラジオ)を演じ、ドラマの語りも担当する。

多部未華子「負けないように演じたい」 - 朝ドラ『つばさ』出演者発表会見より


ペットと暮らせる物件探し!
鶴ヶ島プラス全然β


マルチドメイン無制限・大容量5GB・月額1,575円 ⇒ レンサバ.com
「わかりやすい」が一番!アイディーオー証券のインターネット取引
安心で素敵な生活を送りたくないですか?女性のための入院保険
スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。