スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウッドバーニングの世界

簡単なのに奥深い! ウッドバーニングの世界 (1/3) - 道楽遊楽 - ライフスタイル

ウッドバーニングとは?
ウッドバーニング」という言葉をご存じだろうか? 木の板を特殊なペンで焦がしながら模様や絵を描いていくこの絵画手法は「焼き絵」、「焦がし絵」とも呼ばれ、起源は15世紀のヨーロッパまでさかのぼるともいわれている。日本でも古くは熱した火箸(ひばし)や鏝(こて)を使って高級家具の扉などに絵を描く職人がいたとか。

そんな知る人ぞ知るウッドバーニング。近年、日本でも専用の道具が簡単に手に入るようになり、中高年を中心に広く親しまれている。天然の木目や風合いを生かしたキャンバスに、電熱ペンを使って思い思いのアートを描く。絵が苦手という人でも簡単に始められる手軽さが何よりの魅力。木が焦げるかすかな香りに包まれながら、天然アートの世界に浸ってみよう。

ウッドバーニングの魅力とは?
思いもよらない図柄が生まれる楽しみ

「ウッドバーニングは、木の板や革、竹材などに一本一本焦げ目をつけて絵を描くアートです。濃淡さまざまな焼き色を重ねていくと、セピアカラーの写真のような絵画が仕上がります。人工的に色をつけた世界とは異なる独特の美しさがありますよ」

木工業を営む両親のもとに生まれ育ち、幼い頃から木と触れあってきた高橋さん。仕事で滞在していたアメリカで偶然ウッドバーニング作品を見かけ、ひとめで興味を惹(ひ)かれたという。「たとえば木には硬いところも柔らかいところもあれば、節もあります。こうした天然素材ならではの要素が働いて、ときに自分でも思いもよらない美しい模様が生まれるんです。特にペンを何度も動かして闇を描いていると、木目に影響されて月明かりのような色の淡い部分が出てきます。こうした神秘性がウッドバーニングの最大の魅力ですね」

簡単なのに奥深い! ウッドバーニングの世界 (1/3) - 道楽遊楽 - ライフスタイルより



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


スポンサーサイト
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。