スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
異物混入:給食にねじ座金
異物混入:川越養護学校で給食にねじ座金 /埼玉

 県教育局は27日、川越市の県立川越養護学校(山崎実校長、98人)で、給食に金属製のねじ座金(直径9ミリ、厚さ1ミリ)が混入していたと発表した。高等部1年生の男子生徒が口に入れたが、吐き出したためけがはなかった。

 座金は薄い輪状の金属で、昼食の麦ご飯に入っていた。同校では26日に給食室を清掃中、水道のホースが洗米機(直径約30センチ、高さ60センチ)と接触し、部品と留めていたねじが外れた。県は、この時に調理員が外れたねじだけを留め直し、洗米機の中に落ちた座金に気づかなかったのが原因とみている。

 学校給食異物混入する事故は4月から県内で相次いでおり、今回で4件目。県は27日付で調理機械の点検などを徹底するよう、給食を実施する県内全学校に通知した。

異物混入:川越養護学校で給食にねじ座金 /埼玉より
スポンサーサイト
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。