スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尚美学園大V3  G杯女子野球
尚美学園大V3  G杯女子野球

 関東地区高校大学などによる「ジャイアンツ杯・関東女子硬式野球大会(ヴィーナスリーグ)」(関東女子硬式野球連盟主催、読売巨人軍後援)の春季大会決勝が21日、春日部市の庄和球場で行われ、尚美学園大(川越市)が埼玉栄高(さいたま市)を、4―1で下し、3季連続3度目の優勝を果たした。

 尚美学園大は同点で迎えた四回、左中間への三塁打で出塁した牧野恭子選手を、堀口春選手が適時打でかえし、勝ち越し。九回にも西朝美選手が適時二塁打で2点を追加し、県勢同士の決戦を制した。

 決勝打を放った堀口選手は「何としても1点が欲しいと思い、落ち着いて力まずに打つことを心がけた」と興奮気味に話していた。

尚美学園大100100002―4

埼玉栄高 010000000―1

尚美学園大V3  G杯女子野球より
スポンサーサイト
テーマ:スポーツ
ジャンル:ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。