スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪雨:18市町で675棟浸水

豪雨:18市町で675棟浸水 加須で車9台水没 /埼玉

 28日夕から29日未明にかけて県内全域で降り続いた豪雨は、各地に住宅浸水道路冠水などの被害をもたらした。県のまとめでは、29日午後8時現在、上尾市、鷲宮町など12市6町で計675棟が床上・床下浸水したほか、道路冠水も県内112カ所に上った。

 熊谷地方気象台によると、28日から29日にかけて、関東平野に南から非常に湿った空気が継続して流れ込み、まとまった雨になったという。アメダスが観測した28日午前4時から29日午前10時までの雨量は、久喜市で76年の観測開始以来最多となる227・5ミリを記録したほか所沢市で164・5ミリ▽飯能市で144・5ミリなど、県内8地点中、6地点で100ミリを超えた。

 県消防防災課によると、床上浸水は▽越谷7▽鷲宮5▽上尾3▽熊谷、桶川、川越、伊奈各1--の7市町で計19棟。日高市では、浸水の恐れから市役所に1世帯4人が自主避難し、鴻巣、春日部市では落雷で住宅の電気メーターなどが焼損した。また、蓮田市根金の国道122号、入間市下藤沢の国道463号、各地の主要地方道、県道など計18カ所が通行止めになった。

 あふれた雨水に車が水没し、自走不能となる事態も相次いだ。加須市大桑1の加須流通業務団地内では、約500メートルにわたって市道が冠水し、乗用車など9台が水没した。窓から脱出した同市花崎北2の会社員、石川博章さん(24)は「深夜0時ごろ、角を曲がった瞬間に浸水した。エンジンが止まる前に急いで窓を開けた」。群馬県富岡市の会社員、平林武さん(44)は「夜9時ごろ、真っ暗で水に気づかなかった。以前もここが冠水したと聞いたが、早めに通行止めにしてほしかった」と話していた。

 県消防防災課は「冠水した場所を走ると側溝に落ちたり思わぬエンジントラブルを招くこともある。落雷に遭う危険もあるので外出は控えて。避難勧告や指示には早めの対応を」と呼びかけている。

豪雨:18市町で675棟浸水 加須で車9台水没 /埼玉(http://mainichi.jp/area/saitama/news/20080830ddlk11040177000c.html)より


サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


スポンサーサイト
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
多摩川河原で孤立の2人救助

多摩川河原で孤立の2人救助

 首都圏豪雨による被害が相次いだ。川崎市中原区の多摩川河川敷で29日午前6時すぎ、増水のため男性2人が野球グラウンドのベンチの屋根に取り残された。2人は巡回中の地元消防署員に発見され、水難救助隊に救出された。

 神奈川県相模原市では境川がはんらん。住宅2棟が床上浸水し、2階に避難した7人を消防が救助した。さいたま市見沼区では午前11時40分ごろ、増水した深作川にいた男性から「避難できなくなった」と119番があり、警察と消防が救助した。

 埼玉県では床上浸水が7棟、床下浸水は106棟。日高市では4人が一時、市役所に自主避難した。また鴻巣市と春日部市では、落雷により家屋の配電盤などが焼損した。

 東京都八王子市では土砂崩れが4件発生。避難勧告を受けて200人が近くの学校などに避難した。町田市でも消防が2世帯4人を救助した。

多摩川河原で孤立の2人救助(http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20080829-402496.html)より


サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
豪雨 猛威

豪雨 猛威 愛知・岡崎146ミリ、町田115ミリ

 二十八日から二十九日の豪雨で、関東地方は多摩地域などで土砂崩れや浸水被害が相次いだ。東京都八王子市で崩れた土砂に乗り上げ列車が脱線した京王電鉄は二十九日、北野-高尾山口間で始発から運休した。東海地方では愛知県岡崎市で一時間に一四六ミリの猛烈な雨を記録、同市などで一人が死亡、一人が重体、三人が行方不明になった。岡崎市が約十四万世帯すべてに、名古屋市が一時、約三十六万世帯に避難勧告を出した。 

 東京都町田市では、土砂崩れで民家の擁壁が崩れた。調布市では多摩川の水位がはんらん危険水位を突破。八王子市では土砂崩れ四件が発生。住民二百五十九人が避難勧告に従い避難した。町田市では、消防が二世帯四人を救助した。

 神奈川県相模原市では境川がはんらん、一時九百五十二世帯に避難勧告が出た。床上浸水し、住宅二階に避難した七人を消防が救助。同市では五世帯十五人が避難などをした。

 また、栃木県鹿沼市や宇都宮市などで計八世帯十八人が自主避難。群馬県桐生市でも三世帯七人が自主避難した。

 埼玉県日高市では用水の水かさが増し、危険を感じた一世帯四人が自主避難した。

 東京電力多摩支店によると、東京都あきる野、福生両市で計四千三百二十戸が停電したが、二時間半以内に復旧した。

 レーダーによる雨量解析では、東京都町田市北部付近で約一一〇ミリ、東京都日野市付近、神奈川県相模原市東部付近などで約一〇〇ミリの猛烈な雨が降ったとみられる。

 気象庁の地上での雨量観測では八王子で六二ミリ、府中で五七ミリと、いずれも観測史上最大を記録した。東京都の雨量計では、町田市図師町で一一五ミリの雨を観測した。

 一方、愛知県岡崎市伊賀町では浸水した住宅から女性(76)の遺体が見つかった。同市城北町では一人暮らしの女性(80)と連絡が取れず、警察などが行方を捜している。一宮市では六十歳ぐらいの男性が用水路で自転車ごと倒れているのが見つかり、意識不明の重体。同市では、男性(28)がマンホールに足を挟まれ軽傷。

 気象庁によると、三十日午前六時までの二十四時間に予想される雨量は、いずれも多い所で東海、関東が二〇〇ミリ、東北一五〇ミリになる見込み。一時間に四〇-六〇ミリ、局地的には八〇ミリ以上の猛烈な雨となる恐れがある。

豪雨 猛威 愛知・岡崎146ミリ、町田115ミリ(http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008082902000245.html)より


サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
豪雨前線 各地で浸水や避難勧告

【関連】豪雨前線 列島に猛威 各地で浸水や避難勧告

 バケツをひっくり返したような記録的な豪雨が二十八日、関東・東海地方を襲い、鉄道ダイヤが乱れたり、土砂崩れや住宅の浸水被害が多発したりした。人的被害は報告されていないが、気象庁は河川の増水などに注意を呼び掛けている。 

 関東では夜になって雨脚が強まり、栃木県鹿沼市では五世帯十人が自主避難。神奈川県相模原市では三百五十七世帯に避難勧告が出た。また茨城県下妻市などで計四棟、相模原市で三棟、東京都町田市で二棟、埼玉県熊谷市で一棟がそれぞれ床上浸水。熊谷、川越両市で道路冠水が六件発生した。

 警視庁八王子署などによると、東京都八王子市戸吹町の国道411号の一部が土砂崩れで埋まりあきる野市までの約一キロが通行止めになった。

 首都圏の鉄道では、埼玉県の東武東上線川越市駅付近に落雷。乗り入れる東京メトロ有楽町線や、副都心線などでダイヤが乱れた。JR中央線高尾駅構内で線路が冠水し、八王子-高尾間で運転を見合わせた。JRによると、復旧のめどは立っていないという。

    ◇

 東海道新幹線は、二十八日午後一時二十五分ごろ愛知県豊橋市の雨量計が規制値に達したため、浜松-三河安城間の上下線で運転を見合わせた。

 約四十分後に運転を再開したが、午後二時四十五分ごろにも同じ雨量計が規制値に達し再度、同じ区間で約一時間二十分、運転を取りやめた。午後十一時六分と十五分にも名古屋市内で雨量が相次いで規制値を超え、三河安城-岐阜羽島間で運転を見合わせた。

 また豊橋市と同県岡崎市は市内を流れる川があふれるなどしたため、計約千四百世帯に避難勧告を出した。

【関連】豪雨前線 列島に猛威 各地で浸水や避難勧告(http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008082902000097.html)より


サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
大雨:川越で浸水23棟

大雨:川越で浸水23棟 /埼玉
 東北から九州地方を襲った大雨で16日、県消防防災課によると川越市で床上浸水3棟、床下浸水20棟、道路冠水16カ所、朝霞市で道路冠水1カ所などの被害が出た。

 午後8時の各地の降水量は▽川越市74ミリ▽川口市46ミリ▽朝霞市43ミリ▽熊谷市42ミリ▽さいたま市23ミリ。

 さいたま市中心部でも夕方から夜にかけて落雷が相次ぎ、激しい雨が断続的に降った。

大雨:川越で浸水23棟 /埼玉より



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
落雷で7万世帯停電 浦和パルコでも

落雷で7万世帯停電 浦和パルコでも 埼玉

 本州付近の前線に湿った空気が流れ込んだため、埼玉県では16日午後から激しい雷雨となり、東京電力によると、同日午後3時すぎから、落雷で最大約7万世帯が、最大で約1時間半にわたり停電した。同日午後8時半ごろには、さいたま市浦和区のJR浦和駅前の商業施設「浦和パルコ」でも落雷により停電した。

 県消防防災課によると、17日午前0時現在で、同県川越市などで4棟が床上浸水、33棟が床下浸水となった。また、川越市やさいたま市などで計25カ所の道路が冠水。深谷市で県道2カ所が一時通行止めになった。

落雷で7万世帯停電 浦和パルコでも 埼玉より



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。