スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本にソン・イルグクブーム?

日本にソン・イルグクブーム? 『朱蒙』再放送も決定

 日本で今、ソン・イルグクが注目されている。2月よりBSフジで『風の国』の放送が開始されているが、4月からこれに平行して、大ヒット歴史ドラマ『朱蒙〔チュモン〕Prince of the Legend』が再放送されることになった。

 『朱蒙』はこれまでもBSフジで放送されて好評を博したが、視聴者からの再放送を望む声が大きいことから、再放送決定したという。4月から毎週1話ずつ、毎週月曜午後6時と毎週日曜午後10時から放送される。それに伴い、『風の国』は現在の毎週水曜午後8時から、4月以降毎週木曜の午後9時からの放送となる。

 また、ソン・イルグクは4月11日に、日韓交流イベント「日韓オイソ!高麗まつり」特別祝賀行事としてチャリティーファンミーティングを東京日比谷公会堂にて行う。

 「日韓オイソ!高麗まつり」は高句麗ゆかりの地、埼玉の日高市、高麗神社、飯能市、川越市などで4月10日から12日の3日間にわたり行われるもので、『朱蒙』で高句麗を建国した主人公を演じて一躍国民的大スタ-となった俳優ソン・イルグクが招かれることになったものだ。

 日本での初ファンミーティング、そして『風の国』と『朱蒙』のW放送で、日本でのソン・イルグクの存在感が増すことは間違いなさそうだ。

日本にソン・イルグクブーム? 『朱蒙』再放送も決定

ブログではじめる新しい情報発信のカタチ 「Bizlog」
スポンサーサイト
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
NHK次回朝ドラ「つばさ」 主役の多部さんPR

NHK次回朝ドラ「つばさ」 主役の多部さんPR

 三十日から放送開始のNHK朝の連続ドラマ「つばさ」(全百五十六話)第一週分の試写会が四日、大阪市中央区のNHK大阪放送局で行われた。ヒロインの多部未華子さん(20)も来阪し、ドラマの見どころをPRした。

 「つばさ」は、埼玉県川越市の老舗和菓子屋が舞台。十年前に家出した破天荒な母、玉木加乃子(高畑淳子)に代わり、主婦業をこなすしっかり者の娘、つばさ多部)。平穏だった玉木家に加乃子が舞い戻り、一家が大騒動に巻き込まれるという物語。

 収録現場は「玉木家のシーンではテンポよく本番に臨めるよう、私語をせず役者同士で練習している」と多部さん。「演者も役も個性的で、ハチャメチャでぶっとんだドラマになっていくので、ぜひ最初から見てほしい」とPRした。

 制作統括の後藤高久さんは「日々の憂さを笑い飛ばす登場人物の必死な叫びが、ばかばかしくも切なく展開されるところが魅力」と話していた。

NHK次回朝ドラ「つばさ」 主役の多部さんPR

ブログではじめる新しい情報発信のカタチ 「Bizlog」
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
多部未華子、テンションどんどん高くなる?

多部未華子、テンションどんどん高くなる?

 NHK連続テレビ小説つばさ」(30日スタート。月~土曜、前8・15)の第1週試写会が3日、東京・渋谷区の同局で行われた。埼玉県川越市の和菓子屋を舞台にした人情コメディー。1週目から朝ドラとは思えない高いテンションで、物語を展開していく。ヒロイン役の多部未華子(20)は「今見るとこんなに静かだったかなって思います。これから登場人物が出てくるたびにハチャメチャになります」と、まだまだテンションは序の口で、さらなるパワーアップを予告していた。

多部未華子、テンションどんどん高くなる?

ブログではじめる新しい情報発信のカタチ 「Bizlog」
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
ラッピング電車で  「つばさ」をPR

ラッピング電車で  「つばさ」をPR 西武、東武、秩父鉄道3社

 
 西武鉄道東武鉄道秩父鉄道は、川越市を舞台にしたNHK連続テレビ小説「つばさ」(三十日放送開始)をPRする「ラッピングトレイン」を、番組開始に合わせて各社の区間で運行させる。

 西武鉄道は二十日から放送終了日にかけ、西武新宿線西武新宿―本川越間を走行する特急ニューレッドアローの車体側面に、ヒロイン役の多部未華子さんら出演者の写真をあしらう。

 東武鉄道も同二十二日から終了日まで、東武東上線池袋―小川町間などで、秩父鉄道は放送開始当日から終了日にかけて羽生―三峰口間で、それぞれ出演者の写真のラッピングを施した普通電車を運行させる。

 西武、東武の出発式には上田清司知事、出演者の女優高畑淳子さんらが駆け付ける。西武は二日から五日まで、出発式のラッピングトレインの乗車希望者(百組二百人)を募集する。

ラッピング電車で  「つばさ」をPR 西武、東武、秩父鉄道3社

ブログではじめる新しい情報発信のカタチ 「Bizlog」
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
多部未華子、特急ニューレッドアローで快走?

多部未華子、特急ニューレッドアローで快走? - 西武鉄道で3月から半年間

西武鉄道は3月20日~9月26日、「連続テレビ小説『つばさ』ラッピングトレイン」を運行する。NHKが放送するドラマ『つばさ』とタイアップし、ドラマの舞台となった本川越と西武新宿を結ぶ特急ニューレッドアロー」(10000系電車)にラッピング装飾を実施する。車体にはドラマのヒロイン役、多部未華子ほか番組出演者が描かれるという。

同社はラッピングトレインの運行を記念して、3月20日に出発式を実施する。西武新宿線西武新宿駅1番ホームで10:10~10:30。埼玉県知事、川越市長、女優の高畑淳子、西武鉄道社長による挨拶とテープカットを実施し、ドラマ出演者から運転士へ花束が贈呈される。また、出発式を受けて発車したラッピングトレインの到着に合わせて、本川越駅でも11 :30~12:00に記念イベントを開催するとのこと。

なお、同社は出発式で運行するラッピングトレインに100組200名を招待するとのこと。応募はインターネットの募集ページで受け付ける。募集期間は3月2日~3月5日17:00。応募者多数の場合は抽選となる。乗車した人には記念品として川越市共通商品券「小江戸川越小判」(額面1,000円)、ミネラルウォーター「川越の水」、一筆箋などがプレゼンとされるほか、車内の抽選会で川越プリンスホテルの宿泊券もプレゼントされるという。

NHKの連続テレビ小説『つばさ』は、「江戸の風情が残る埼玉県川越市を舞台に、娘が母で母が娘のあべこべ親子が巻き起こす、切なくも笑え、おかしくも泣ける、ねじれた絆の物語」(NHK)。短大生で和菓子屋の娘という主人公を多部未華子が演じる。出演は他に高畑淳子、中村梅雀、西城秀樹、井上和香など。

多部未華子、特急ニューレッドアローで快走? - 西武鉄道で3月から半年間


ブログではじめる新しい情報発信のカタチ 「Bizlog」
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
多部未華子「負けないように演じたい」

多部未華子「負けないように演じたい」 - 朝ドラ『つばさ』出演者発表会見

多部未華子主演のNHK朝の連続テレビ小説『つばさ』(2009年3月30日放送スタート)の出演者発表会見が15日、東京・渋谷の同局で行われ、多部を始め、ヒロインの母親役の高畑淳子、父親役の中村梅雀井上和香イッセー尾形らが出席した。

同作の舞台となるのは、江戸の風情が残る埼玉県川越市。そこで江戸時代から店を構えている老舗和菓子屋の「甘玉堂」は、地元に顔向けできない恥があった。今年50歳になる娘の加乃子(高畑淳子)が10年前に家族を捨てて家出。破天荒な母の代わりに、10歳から玉木家の主婦役をこなしてきたつばさ(多部未華子)も20歳となり、製菓衛生士の資格を取るために地元の短大に通って、卒業後は実家で女将修行を積もうと考えていた。そんな矢先に、多額の借金を背負った加乃子が突然舞い戻ってくる。加乃子の出現で、つばさら玉木家に新たな騒動が巻き起こるのだった。

朝ドラ史上初の平成生まれのヒロインとなる多部は「楽しいことや辛いことはもちろんある撮影期間の10カ月になると思いますが、時には助けて頂き、時には助けて上げられるような存在になりながら、楽しい現場を作っていけたらと思います」とまずは意気込みを。

そして、つばさの両親を演じることになる高畑と中村については「テレビなどを観ていてお二方とも凄く明るいイメージがあり、台本を読んでいて物凄く明るい会話のキャッチボールになるんだろうなと思いました。それに入っていくのが凄く楽しみですし、私も負けないように明るく面白く演じたいなと思っています」と抱負を語っていた。

そんな多部演じるつばさの母・玉木加乃子役の高畑淳子は「私には実際に21歳の娘がおり、私より母親らしいんですよ。お洗濯は彼女が全部やってくれてしっかりしてるんですけど、私もこう見えてもしっかりしている方なので、家を出て祭りの度に寅さんのように帰ってくる加乃子というのはわからないですね。餌があったらすぐ走っていく動物のような人間…」と自分の演じるキャラクターを分析。さらに「今回は自分のことを動物だと思って乗り切りたいと思っている次第です。イッセーさん、こういう人間がいるんですね?」とイッセー尾形に問いかけると「高畑さんはいいじゃないですか。台本にちゃんと人間って書いてあるんだから! 私なんか訳わかんない存在ですよ(笑)」と切り返すイッセー尾形。「お互い高いハードルなんですね」と高畑がまとめて周囲を笑わせた。イッセー尾形は、つばさがラジオに悩みを語ると人間の姿になって出現するという謎の男(ラジオ)を演じ、ドラマの語りも担当する。

多部未華子「負けないように演じたい」 - 朝ドラ『つばさ』出演者発表会見より


ペットと暮らせる物件探し!
鶴ヶ島プラス全然β


マルチドメイン無制限・大容量5GB・月額1,575円 ⇒ レンサバ.com
「わかりやすい」が一番!アイディーオー証券のインターネット取引
安心で素敵な生活を送りたくないですか?女性のための入院保険
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
多部未華子「負けないように面白く」

多部未華子:「負けないように面白く」、西城秀樹も「感激!」 NHK朝ドラ「つばさ」キャスト発表

 多部未華子さん(19)主演で来春から放送予定のNHK朝の連続テレビ小説「つばさ」の出演者発表会が15日、東京・渋谷のNHKで行われた。サンバのダンサーが踊る明るい雰囲気の中、母親役の高畑淳子さん、中村梅雀さん、西城秀樹さんらキャストが登場。多部さんは「(両親が)2人とも明るい方なので楽しみ。私も負けないように明るく面白く演じたい」と笑顔で意気込みを語った。

 「つばさ」は“小江戸”と呼ばれる、古い町並みを今に残す埼玉県川越市が舞台。家出した母親の代わりに4人家族を支え、老舗和菓子屋の跡継ぎを夢見る20歳の女性が、ひょんなことからコミュニティーラジオのパーソナリティとなり、家族や地域の人々をつないでいくストーリーを描く“ラテン系家族”の物語。会見には祖母役の吉行和子さん、ROLLYさん、井上和香さんらも登場した。

 西城さんは「NHKでこれほど長い期間の撮影は初めて。ヒデキ感激です」とあいさつ。ローリーさんも「日本の朝のお茶の間に、怪奇の風を送りたいと思います」と怪しげなコメントを発し、会場を沸かせた。

 今作はシリーズ80作目で初めて埼玉県が舞台となり、これで全都道府県を制覇する。来年3月31日から9月26日まで全156回で放送予定。

多部未華子:「負けないように面白く」、西城秀樹も「感激!」 NHK朝ドラ「つばさ」キャスト発表より


ペットと暮らせる物件探し!
鶴ヶ島プラス全然β


マルチドメイン無制限・大容量5GB・月額1,575円 ⇒ レンサバ.com
「わかりやすい」が一番!アイディーオー証券のインターネット取引
安心で素敵な生活を送りたくないですか?女性のための入院保険
テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
オペラ「源氏物語」来月、鶴岡で抜粋公演

【音楽】オペラ「源氏物語」来月、鶴岡で抜粋公演 日本語版世界初演

 三木稔作曲のオペラ源氏物語」が10月7日、山形県鶴岡市鶴岡市文化会館で上演される。同オペラは米セントルイス・オペラ劇場の委嘱により平成12年に英語版で世界初演され、13年に日本初演が行われた。英語版と並行して作曲された日本語版による上演は今回が世界初演となる。

 鶴岡市は、「源氏物語全講会」の創始者で、折口信夫の師である国文学の大家、三矢重松の出身地。現在も高校の国語教諭や市民グループらが源氏物語の読書会を行っているなど、源氏物語に親しんでいる土地柄だ。ローマ在住の指揮者、吉田裕史がそんな動きを知り、吉田と親交の深い同市出身のNPO法人日本芸術振興協会の毛呂文紀理事長がコンサートをプロデュースすることになった。

 上演は抜粋によるハイライトコンサートで行う。光源氏はバリトンの柴山昌宣、桐壷帝にバスの佐藤泰弘、藤壷役をソプラノの三縄みどりらが演じ、中国琵琶のシズカ楊静(ヤンジン)、箏の木村玲子が出演。オーケストラは東邦音楽大学管弦楽団。杉浦俊治・元NHKアナウンサーが講演と朗読をする。

 今年は源氏物語千年紀。毛呂理事長は「源氏物語ほど素晴らしい文学はありません。日本人が心から楽しめるオペラにしたい」と話した。

 問い合わせは実行委員会事務局(電)0235・22・1480。また10月5日には、埼玉県川越市の東邦音楽大でプレコンサートが開かれ、芥川賞作家の川上未映子を招いての講演も行われる。(電)049・235・2157。

【音楽】オペラ「源氏物語」来月、鶴岡で抜粋公演 日本語版世界初演より


ペットと暮らせる物件探し!
鶴ヶ島プラス全然β


テーマ:ニュース
ジャンル:ニュース
『川越スカラ座』 復活1年 感謝祭、入場料500円

『川越スカラ座』 復活1年 きょう、あす感謝祭、入場料500円に

 川越市元町一の老舗映画館「川越スカラ座」が復活してから十八日で一年になる。運営を担う特定非営利活動法人NPO法人)「プレイグラウンド」の岩堀みどり代表(35)は「金銭的な支援も含めいろいろな方々に支えられた一年だった」と振り返る。

 川越スカラ座は、寄席「一力亭」として一九〇五(明治三十八)年にスタートした後、数々の変遷を経て六三年に川越スカラ座に改名。昨年五月末に支配人が引退したことで一度は閉館したが、プレイグラウンドが運営を引き継ぎ、同八月に再開した。

 入場者は閉館前よりは増加したものの、一日平均で二十五人程度という。岩堀代表は「正直厳しい。倍の五十人ぐらいに増えてくれれば。二年目に向け、もっと盛り上げていきます」と意気込む。

 同館では、復活一周年感謝祭として十六、十七の両日、入場料五百円で映画「ダージリン急行」を上映する。

『川越スカラ座』 復活1年 きょう、あす感謝祭、入場料500円により



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
NHK朝ドラに多部未華子 平成生まれで初

NHK朝ドラに多部未華子 平成生まれで初

 NHKは24日、来年3月末から半年間放送する朝の連続テレビ小説「つばさ」のヒロインに多部未華子(たべみかこ)さん(19)が決まったと発表した。平成生まれ朝ドラヒロインはめて。

 1593人の応募者の中から選ばれた多部さんは東京都生まれ。平成14年にデビューし、映画「HINOKIO」、「夜のピクニック」、テレビドラマ「鹿男あをによし」(フジテレビ系)、「ヤスコとケンジ」(日本テレビ系)などに出演している。「天真爛漫(らんまん)でパワフルな役柄。大変でしょうが、素敵なヒロインになれたら」と抱負を語った。

 「つばさ」は和菓子屋の娘、玉木つばさが、家出した母親の帰宅を機にコミュニティー放送局に勤務、仕事を通じ、伝統を守ることや努力の大切さを学ぶ成長物語で、埼玉県川越市が舞台となる。

NHK朝ドラに多部未華子 平成生まれで初より



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


テーマ:芸能ニュース
ジャンル:ニュース
NHK朝ドラ:多部未華子さんヒロイン「つばさ」に

NHK朝ドラ:多部未華子さんヒロイン「つばさ」に

 NHKは24日、来春から始まる朝の連続テレビ小説つばさ」のヒロインが女優の多部未華子さん(19)に決まったと発表した。埼玉県川越市を舞台に、老舗の和菓子屋の跡継ぎを夢見る女性の話で、脚本はドラマ「ロッカーのハナコさん」などを手がけた戸田山雅司さんのオリジナル。同シリーズ80作目で、埼玉県が舞台になるのは初めて。これで全都道府県が舞台になったという。

 多部さんは日本テレビ系のドラマ「ヤスコとケンジ」や映画「西遊記」に出演。2年前の「純情きらり」で主役だった宮崎あおいさんと同じ事務所に所属している。「ヒロインをやると聞いたばかりで、正直実感がない。ただただ驚いています。長い撮影になると思いますが、いろんな思いを届けていきたいと考えています」と緊張した様子で抱負を語った。

NHK朝ドラ:多部未華子さんヒロイン「つばさ」により



サンケイエキスプレス EX友得キャンペーン
鶴ヶ島プラス全然β


テーマ:芸能ニュース
ジャンル:ニュース
小江戸の道をウオーキング
BSCSガイド:小江戸の道をウオーキング--BSフジ

 BSフジは17日21時から、ウオーキング情報番組「ウオーキング プラス+」を放送。美しい日本の歩きたくなる500選にも選ばれた埼玉県川越市の「小江戸めぐりのみち」に挑戦。西武新宿線本川越駅を出発し、蔵造りの街並みなどをめぐり、東武線とJRの川越駅までおよそ9キロを歩く。宮崎京は2時間で完歩を目標に掲げ、マイク眞木は散策を兼ねながらゆっくり歩くことに。「ウオーキングプラス レッスン」では、自分のペースを知ることをテーマに運動生理学に基づいた指導を行う。

BSCSガイド:小江戸の道をウオーキング--BSフジより
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
鶴 アフロ・ヘアーで目玉おやじとコラボ!?
鶴 アフロ・ヘアーで目玉おやじとコラボ!?

フジテレビ系アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(毎週日曜9:00~9:30)のエンディング・アニメーションに、7/6放送分から(地域によって、放送日・放送時間が異なる)アフロ・へアーの目玉おやじ(通称:アフロ目玉おやじ)が登場している。今年、40周年を迎えた『ゲゲゲの鬼太郎』のアニメーション史上において、チョンマゲ姿でドラマの中に登場した事が1回だけあるだけで、目玉おやじのスタイルは常にあのまま。それがアフロのかぶりものスタイルで毎週オンエアされるエンディングに登場となるとは極めて異例の出来事だ。この“アフロ目玉おやじコラボレーション”企画は、エンディング・テーマを担当する新人バンド「」のメンバー全員がアフロ姿であるという事から誕生。当初はCD購入者特典として、「アフロ・目玉おやじステッカー」が企画されたが、このデザインが番組スタッフの間で評判となり、アニメーションにも登場させよう事で盛り上がり、毎週のエンディング・テーマでの登場となったのだとか。埼玉県ヶ島市出身の中学校の同級生3人から成る、アフロ・ヘアーがトレード・マークのロック・バンドの。バンドの名前はその出身地から取ったもので、今年3/19にワーナーミュージック・ジャパンより「恋のゴング」でメジャー・デビューを果たした。『ゲゲゲの鬼太郎』エンディング・テーマである、のシングル「夏の魔物」は7/9にリリースされる。特典として「アフロ・目玉おやじステッカー」が付いているので、併せてチェックしよう!

鶴 アフロ・ヘアーで目玉おやじとコラボ!?より
テーマ:芸能ニュース
ジャンル:ニュース
「鶴」の一声で? “アフロ目玉おやじ”が登場
「鶴」の一声で? あす“アフロ目玉おやじ”が登場

 今年40周年を迎えたフジテレビ系アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(日曜前9・0)の6日放送分から、アフロへア姿の目玉おやじが登場することが4日、分かった。

 目玉おやじは主人公、鬼太郎の父親で、目玉に胴体がついた身長10センチ未満のキャラクター。過去にチョンマゲ姿が1度だけあり、それ以来の“かぶりもの”だ。毎週、エンディングでその姿を披露する。

 エンディングテーマを新人バンド「鶴」が担当することになったのが、“アフロ・目玉おやじ”誕生のきっかけ。鶴はメンバー3人全員がアフロ姿で、CD購入者の特典として「アフロ・目玉おやじステッカー」を企画した。これが番組スタッフの間で評判となり、「アニメにも登場させよう」と、一気に実現の運びとなったのだ。

 「鶴」は埼玉県鶴ヶ島市の中学校の同級生で結成。今年3月19日にメジャーデビューしたばかり。エンディングテーマの「夏の魔物」は9日発売で、もちろん「アフロ・目玉おやじステッカー」付き。異色のコラボレーションに注目だ。

「鶴」の一声で? あす“アフロ目玉おやじ”が登場より
テーマ:ローカルネタ
ジャンル:ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。